3月21日 DT會に参加するということ

3月21日 DT會に参加するということ

目を閉じると木々の間を縫い疾走している。
角田の光景が目の裏に焼き付いている。

ZENZEN寝れない。

米国で初めてMTBを体験したその日もこんな感じで寝れなかったか。
どんだけ楽しかったんだYO。


時刻は5:30

「(全身痛いでござる・・・。)」

四頭筋の節約のためハムを使うペダリングを心がけた一週間だった。
しかし角田で2時間遊んだだけで四頭筋が爆発しそうだ。

今日のDT會のメンバーを改めて確認。
DNSかまして食あたり上がりのOKBキャプテン主催のポタリングに参加することも考えたが、結果後悔しそうなのでDT會に(結果後悔した)。


今日のメンツ。

「(あれ?イケメン氏が来とらんな。なんとか生還できるか。)












時間差ふざけろ




今日のルートは与板→新道→パツゲン→与板

新道は4-5分の登り。
それ以外は平坦。

登りは結局自分ペースなのでまだいい。
しかしこのメンバーの平坦は地獄なのである。

ダーヤマ氏、アンディさんが速度を上げる。
そしてイケメン氏が集団を崩壊させる。(平坦なんやが・・・)






「(ちょっとダーヤマ君(笑)間入らないで(笑)ちゃんと後ろまで戻って(爆笑))」

こんな事が何回かあった。

BANさんはさすがだ。
1ヶ月前までE3.5とか言ってたような気がするが・・・。
さすがプロツアーで走っていた漢は違う。
まさに魚沼の巨人。




途中イケメン氏とアンディさんのお転婆な脚を盗撮した。

スピード狂の二名の脚が大木の如く太いかといえばそんなことはない。
ほっそりとしている。
何故だ・・・。

対してダーヤマ氏の脚はドムの様だ。
かっこえぇ・・・。




彼らに轢き殺されながらもなんとか与板まで生還。

魚沼の巨人は予定到着時間を大幅にオーバーし光速帰宅。



この脚の痛みクセになる。





今日のテーマはハムを使って四頭筋を温存することだった。
今週はそのポジション出しをローラー上で模索してきた。

結果ケツ筋にしか力が入らず、パワーが低い。
ハムの全体を使えていない。
そして四頭筋に力が入らない。
帰宅後はケツ筋だけが痛かった。

ローラー上でポジションを出すには無理があるのか。
順調にポジション沼にハマってきた感がある。



また帰国し半年が過ぎたが、渡米から今日までの1年半全く登れていない。
新道の4分間ですらアルプ・デュエズに感じてしまうこの頃。
3年前程前までは登りの方がパワーは出ていたが今は逆。

そろそろ朝活実走を開始するべきか。
近場の登りといえば下田城の登りか。
もしくはパノラマ公園か。

悩みは尽きない。





日曜日はジムに行けない妻のフラストレーションが爆発。
謎の動き。