《D》王冠はあたなの頭上に!

《D》王冠はあたなの頭上に!

かつて三条市に存在していた「パロ」というゲームセンターを覚えているだろうか。

パロは長岡市と新潟市の丁度中央に位置し、両市から猛者が腕を競い合うために集う場として栄えていた。

その様子からいつしかそこは「修羅の国」と呼ばれるようになっていた。

台パン、台蹴りは挨拶変わり。ガイルで永遠とうんこ座りしていようものなら、反対側から灰皿(通称:灰皿ソニック)が飛んでくるなんて日常茶飯事だった。

幸か不幸か最寄りのゲームセンターはパロだった。
そして今再び私の住む三条市において似たような現象が起き始めている。

「シンクロニシティ」という言葉はご存知だろうか。
健全な男子であれば知っているだろう。
5人の死刑囚が同時期に脱獄を計り、TOKYOを目指したという格闘漫画「バキ」のストーリーである。




ここでSTRAVAのセグメントを確認してみよう。




既にドリアンとスペックは到着している模様。

東方仗助の様な黄金の精神を持つ三条市民が現れる事を期待している。




私?
無理無理(笑)