《D》生活リズムと二部練習について

《D》生活リズムと二部練習について

ウチの会社でも在宅勤務が導入され2回/週の在宅勤務を行っている。

いわゆる働き方改革というだ。

これにより通勤時間はなくなり、三条から新潟へ通う私の一日は24時間から25.5時間に延長されたことになる。

中国武漢市より発生した新型コロナウィルス “SARS-Cov-2” の存在が明らかにされ、日本でも新種の感染症であるCOVID-19が猛威をふるい始めたと同時に我々の生活は一変した。

出張、旅行等の県を跨ぐ移動が制限され通勤自体も無くなった。

グループライドは制限され一人でトレーニングする時間が増えた。

緊急事態宣言が解除された後も在宅勤務は定常化し、仕事以外の時間が増えた。

いい機会だと思い練習時間を増やした結果、5月は2300kmも自転車に乗っていた。

しかし速くなったかと言えばそんなことはない。

常に疲れているのだ。

これまでも幾度となく経験しているいるが、ここ数年これが普通だと感じていたし、常に疲れていないと不安になっていた。

しかしそれでは強くなれないことも分かっている。

そんな時この記事を見つけた。

http://tamesue.jp/blog/archives/think/20190318

休んでいいのだ。

私も練習の仕方改革をしなければならない。